www.okano-sihousyosi.com
中古車の売却額を上乗せするには、、中古車を売る時期タイミングなども関係があります。乗り換えを検討している自動車を高額で売ることを考慮すればいくつかのタイミングがあるんです。中古車の売却額査定の要点として重要視されるところに走行距離があります。走行距離は、その車の寿命とみなされることも多くありますので、走行距離というのは長ければ長いほど、売却額査定では減点材料とされます。走行距離が500キロと9万キロでは普通は自動車の売買金額は評価が異なるはずです。一般的には走行距離そのものは短いとそれだけ愛車の見積額は増えますがそんなに突っ込んだ線引きはないため、決められた線を引いて査定額が算出されます。例えば普通車の場合一年で10000kmを目安としてこの走行距離以上走っていると一般的にマイナス査定になります。軽自動車ですと年間走行距離が8千キロがまた年式が古いのに距離がかなり少ないという場合でも査定金額が高額になるとも一概には言えません。一般的には年式・走行距離での査定のポイントは保有年数と比べて適切な走行距離であるかという点です。中古車も当てはまりますね。それから自動車の年式なども、自動車査定の重要な注意点のひとつです。十分と理解しているといった方も多いだと考えていますが、一般的には年式は新しいほど査定には高評価が出やすいのですが、稀にですがその年式に希少価値があるものは、古い年式でも高値で査定されることもあります。次に、車検も重要です。ご存知のとおり、車検をするには現金が必要ですので車検までの期間が残っているほど査定は大きくなると感じると思いますが、実際は車検時期がいつであろうと自動車の売却額にはあまり相関性がありません。外国の車、バッテリー切れの車、などの車のタイプも売却額査定に影響を与えます。車検に出す前は売却を考える時期としてはタイミングがいいということになります。一方見積額を上げるために車検を受けてから買取査定してもらおうと考えるのはお金の無駄、たいして査定に響かないということです。他にも買取業者にマイカーを売る好機として2月と8月が狙い目と言われている時期です。なぜかと言いますと自動車買取業者の決算がその前の3月と9月というところがほとんどだからです。なので1月に売ろうと思ったらあと少し待って2月に中古車の査定を専門店に頼んで手放すのもありだと思います。自分の都合も都合もあるので、ひとまとめにして機会に買い取ってもらうというわけにもいかないでしょうけれども可能であればこのような時期に売りに出すのがよいかもしれません。